HOME>特集>昔であれば家賃の一か月分を支払っていたもの

目次

余計な出費であった

かつては、賃貸物件を契約するときは敷金礼金と仲介手数料を取られていました。この仲介手数料の相場は借りる物件の家賃の一か月分を支払っていました。そのため、賃貸物件を借りるときは家賃の六か月分を目安に用意しておかなければなりませんでした。しかし、最近では礼金を取らないところも増えてきて、仲介手数料も家賃の半分にしたり無料にするところも増えてきました。この仲介手数料は本来の貸主ではない不動産屋さんから契約した時に発生するものであり、本来の貸主から直に契約する場合は発生しません。つまり、仲介手数料無料は、契約した不動産屋さんによります。

それで契約者が増える

仲介手数料を無料にしたことで、賃貸物件を借りる人が増えます。最も、家賃の一か月分を契約時に余計に支払うことになりますので、その点が契約者の大きな負担になっていました。結果的に、この仲介手数料無料は、契約者からの評判は良いものです。そして、敷金礼金ゼロ円で仲介手数料もゼロ円の物件には初期費用が掛からないという事で、多くの人が契約する傾向があります。仲介手数料無料の物件は都市部に多く、特に賃貸物件を多く管理している不動産屋に多くあります。賃貸物件を検索するなら、住みたい街の不動産屋さんに確認するのが良いです。

広告募集中